太陽光発電の達人 - 原理、メリット、効率、補助金など
管理人 管理人紹介 補助金(太陽光発電) 補助金(都道府県別) ホームページ 太陽光発電仲間のリンク集 メール
TOP 情報 徹底説明 メリット Q&A メーカー別
体験談 導入編 設置編 使用編 発電レポート
TOP > 太陽光発電の徹底説明 >

購入は今がチャンス!

補助金が出るという側面から見ると、国からの補助金が復活し、補助金を出す地方自治体も増えてきている2009年度は、太陽光発電システム購入のチャンスと言えるでしょう。

実際に、補助金が枯渇してしまうほどの申し込み状況を見れば、いかに「2009年が太陽光発電をつけるチャンス」と判断した人が多いかがわかります。

また、新しい余剰電力の買取制度(2009年11月スタート)も非常に経済的に大きなメリットがある制度で、太陽光発電を購入するか迷っている人にとって、購入の後押しをしていることは間違いありません。

しかし、補助金といった面では今こそ買い時のチャンスのように見える太陽光発電システムですが、マイナスの面はないのでしょうか?
少し考えてみたいと思います。



まず、太陽光発電システムを購入する上での最大のネックは、何といってもその高価な価格です。
現段階(2009年秋)では、太陽光発電システム1kWあたりの価格は70万円程度と、高価なものには変わりなく、仮に3kWの太陽光発電を設置しようとすると、200万円以上のお金を用意しなくてはいけません。

この200万円を現金で用意できる人はまだ良いのですが、ローンなどの借り入れして太陽光発電システムを購入するとなると大抵は金利が付きますので、その分を考慮すると、そこまでして購入するかどうかは判断に迷うところです。


次に、太陽光システムの価格が安くなっていく可能性もあります。
現在は1kWあたり70万円程度の金額ですが、今後これが50万円、40万円・・・と安くなっていく可能性もあります。

つまり、今年3kWのシステムを200万円で購入しても、同じ性能以上のものが5年後には150万円で購入できることも可能性としては十分ありえると言うことです。
そうなると、太陽光発電システムがもっと安くなるまで待ったほうがお得という場合も出てくるでしょう。


最後に、補助金を本当に受け取れるかどうかの疑問があります。

特に市町村のレベルで見受けられるのですが、2009年の補助金の予算が、当初の予測を上回り補助金が底を尽きてしまい、あわてて補助金を追加した例が多くあります。

しかも、追加の補助金も底を尽き無くなってしまった場合、補助金の申請は締め切られ、補助金を受け取ることができません。

年度の初めや、補助金の制度がスタートして間もなくであれば問題はないと思いますが、年度末や補助金の予算が少ない自治体の地域にお住まいの方は、補助金が受け取れないケースも出てくるでしょう。

このように、補助金や買取制度だけで判断するのではなく、資金やタイミングなどの面からも検討してトータルで見たほうが良いと思います。

[ ← 新しい余剰電力の買取制度 ] [ 毎月いくらぐらいお得なの? → ]

≪ 太陽光発電の徹底説明 記事一覧 (13件)
太陽光発電システムってなに?
太陽光発電の用語集
太陽光発電の価格(費用)
設置工事の日数
お得な電力会社との契約
太陽光発電の補助金について
新しい余剰電力の買取制度
購入は今がチャンス!
毎月いくらぐらいお得なの?
太陽光発電の気をつける点
太陽光発電の選び方
ズバリ!おすすめのメーカーBEST3
太陽光発電に有効な技

TOP 情報 徹底説明 メリット Q&A メーカー別
体験談 導入編 設置編 使用編 発電レポート
太陽光発電の価格比較3サイト!契約前に相場チェックは必須です。
定番の太陽光発電システムの見積比較サイト。地域密着の信頼できる施工会社から見積りが届く。
簡単な入力フォーム(最短2分)が魅力の比較見積サイト。住んでいる地域の補助金も確認できます。
太陽光見積りNo1サイト!登録業者700社以上。顔写真付きで紹介されているので安心です。
蓄電式太陽光発電システム
「めざましTV」「日テレ」「雑誌DIME」で紹介された節電対策の注目商品。マンションのベランダにも置ける省スペースタイプです。

Copyright (C) 2009-2017 太陽光発電の達人 by Quorico All Rights Reserved.
コミラン | オンラインゲーム | 私立中学校 | 幼児教育 | カードローン