太陽光発電の達人 - 原理、メリット、効率、補助金など
管理人 管理人紹介 補助金(太陽光発電) 補助金(都道府県別) ホームページ 太陽光発電仲間のリンク集 メール
TOP 情報 徹底説明 メリット Q&A メーカー別
体験談 導入編 設置編 使用編 発電レポート
TOP > 太陽光発電のメリット >

メリット5 : 屋根裏の温度が快適に

屋根の上に太陽光パネルを設置すれば、夏場の太陽の光による屋根材の温度上昇を抑えることができます。その結果、屋根の断熱性能を上げることになり、冷暖房費を抑えることができたり、住み心地の向上につながります。

財団法人 新エネルギー財団」のホームページによると、太陽光のパネルによる遮熱効果によって、夏は屋根の温度を下げ、冬は熱が逃げることを防ぐ効果があることがわかっています。

調査によると、屋根材の下にひかれている野地板の温度で比較しており、夏場では約10℃の温度上昇を抑え、冬場では約5℃の温度低下を抑える働きがあります。

野地板(のぢいた)の写真

この写真の上部分の木の部分が、野地板です。
まだ瓦やコロニアルなどの屋根材、防水シートすら載っていない屋根の状態です。
写真の下部分は既に防水シートを屋根材である瓦が葺いてあります。

これによって、夏は涼しく、冬は暖かく過ごす環境に寄与することができ、エアコンやストーブに使用するエネルギー量を抑えることができます。屋根裏部屋やロフトを設置している住宅ではその効果がよりわかりやすいものとなります。

もちろん、温度による「住みやすさ」は住宅の断熱の基本性能に大きく左右されるのですが、太陽光発電の太陽電池パネルを屋根に載せることが、さらなる快適さに寄与することは間違いありません。

太陽光パネルと屋根材の写真

このように、屋根材である瓦と太陽光パネルには隙間が空いており、
太陽からの熱が屋根材には直接あたらないようになっています。

[ ← メリット4 : 省エネ意識が芽生える ] [ メリット6 : 災害時にも電気を使える → ]

≪ 太陽光発電のメリット 記事一覧 (6件)
メリット1 : 発電した電気を使える
メリット2 : 余った電気を売れる
メリット3 : 光熱費が安くなる
メリット4 : 省エネ意識が芽生える
メリット5 : 屋根裏の温度が快適に
メリット6 : 災害時にも電気を使える

TOP 情報 徹底説明 メリット Q&A メーカー別
体験談 導入編 設置編 使用編 発電レポート
太陽光発電の価格比較3サイト!契約前に相場チェックは必須です。
定番の太陽光発電システムの見積比較サイト。地域密着の信頼できる施工会社から見積りが届く。
簡単な入力フォーム(最短2分)が魅力の比較見積サイト。住んでいる地域の補助金も確認できます。
太陽光見積りNo1サイト!登録業者700社以上。顔写真付きで紹介されているので安心です。
蓄電式太陽光発電システム
「めざましTV」「日テレ」「雑誌DIME」で紹介された節電対策の注目商品。マンションのベランダにも置ける省スペースタイプです。

Copyright (C) 2009-2017 太陽光発電の達人 by Quorico All Rights Reserved.
コミラン | オンラインゲーム | 私立中学校 | 幼児教育 | カードローン